「redmine」タグアーカイブ

redmineとsvnの連携 on ubuntu 12.04LTS

[pukiwiki]
Redmineで上がっているチケットに対する対応を実際の設定ファイルのバージョン管理と連動させる事ができる。
http://redmine.jp/tech_note/subversion/
このURLに書かれている内容は、既にsvnのリポジトリが作成されている前提なので、先にSVNのリポジトリ設定をしておく必要がある。
ubuntu 12.04 LTSの場合、以下の様な手順で可能。
+subversionのインストール
# apt-get install subversion subversion-tools libapache2-svn
+apache経由で管理できるようにする(svnとredmineが同じマシンに入ってるので、ファイルを直接指定すこともできるが今回はapache経由でアクセスする様にしてみる)
# vi /etc/apache2/mods-enabled/dav_svn.conf

DAV svn
SVNParentPath /var/lib/svn
AuthType Basic
AuthName “Subversion Repository”
AuthUserFile /etc/redmine/htpasswd
Require valid-user
Order deny,allow
Allow from 192.168.x.0/24
Deny from All

+認証用パスワードの設定
# htpasswd /etc/redmine/htpasswd ユーザ名
+apacheに設定反映
# apachectl configtest
Syntax OK
# apachectl graceful
+svnリポジトリ作成
# mkdir /var/lib/svn
# cd /var/lib/svn/
# svnadmin create config
# chown -R www-data:www-data config
+redmineのリポジトリ設定~
redmineのWebUIから[管理]-[設定]-[リポジトリ]から使用するバージョン管理システムでSubversionのチェックが入っており、グリーンのレになっていることを確認する。(だめな場合は、パッケージが入っているか、パスが通っているかなど確認する)
+redmineのWebUIから[管理]-[プロジェクト]でリポジトリを追加するプロジェクトを選び、[モジュール]でリポジトリにチェックを入れ、保存。リポジトリタブを選び、
バージョン管理システム Subversion
URL http://192.168.x.x/svn/config
ログイン ユーザ名
パスワード htpasswdで付けたパスワード
これでプロジェクトページに行けば、リポジトリというメニューが追加されているはずである。
最初のは空っぽなので、svnでインポートするなり、コミットするなりご随意に 🙂
WindowsPCでSVNを扱うなら TortoiseSVN がおすすめです。~
http://sourceforge.jp/projects/tortoisesvn/
参考
-http://wisdomtrees.net/?p=271
-http://redmine.jp/tech_note/subversion/
[/pukiwiki]

Redmine on ubuntu 12.04 TLS

[pukiwiki]
最近仕事でredmineを使うことが多い。プロジェクトでやることを管理するにはとても便利です。そんな訳で実験用と自分の備忘録を兼ねて自宅マシンにredmineを入れてみた。本当は最新版を入れてみようと思ったのだが、面倒になったのでubuntuのパッケージで(^^;
前提
-ubuntuのパッケージを使う
-redmineのDBはmysqlを使う
-mysqlはもう入っている
-apacheはもう入っている
手順
+redmineはRuby on Railsというプラットホームで動作するのだが、apacheから使うためにはlibapache2-mod-passengerというパッケージが必要。依存関係でその他色々入るはず。
# apt-get install libapache2-mod-passenger
インストールすると勝手に、mod-enableされるので、特に設定は不要。
+redmineインストール
# apt-get install redmine-mysql
# apt-get install redmine
途中で色々聞かれるので適時答える。
–/etc/redmine/に設定ファイルを置くか?→YES
–DBに何を使うか→MySQL
–MySQLの管理パスワードは何か→MySQLのrootのパスワード入力
–redmineDBのパスワード→決める
–MySQLの接続方法→UNIXソケット
+redmineがWebから見えるようにApacheの設定。私は http://(ホスト名)/redmine/ で見えるようにしたかったので、以下の様に設定。
/etc/apache2/conf.d/redmine.conf
# apache2 serves public files
Alias “/redmine/plugin_assets/” /var/cache/redmine/default/plugin_assets/
Alias “/redmine” /usr/share/redmine/public

RailsBaseURI /redmine
RailsEnv production
SetEnv X_DEBIAN_SITEID “default”
SetEnv RAILS_RELATIVE_URL_ROOT “/redmine”


Order deny,allow
Allow from All

+apacheに反映
# apachectl configtest
Syntax OK ←OKであることを確認
# apachectl graceful
+redmineの http://(ホスト名)/redmineにアクセスし、初期設定をする。~
初期状態ではadmin/adminでログインできる。
++右上の[My account]→[Change password]でパスワードを変更する。
++LanguageをJapanese(日本語)にする。(ご随意に)
++左上のの[管理]→[認証]で認証あ必要にチェックを入れる (そうしないと認証なしで見えてしまう)
APPENDIX
-通知メールを送るための設定~
# cp /usr/share/redmine/config/configuration.yml.example /etc/redmine/default/configuration.yml
# vi /etc/redmine/default/configuration.yml
こんな感じ
default:
# Outgoing emails configuration (see examples above)
email_delivery:
delivery_method: :smtp
smtp_settings:
address: “localhost”
port: 25
# email_delivery:
# delivery_method: :smtp
# smtp_settings:
# address: smtp.example.net
# port: 25
# domain: example.net
# authentication: :login
# user_name: “redmine@example.net”
# password: “redmine”
参考
-http://niceymercibeaucoup.blogspot.jp/2013/01/redmineubuntu1210.html
-http://redmine.jp/tech_note/first-step/admin/
[/pukiwiki]