「iPhone」タグアーカイブ

Rakuten Mobile iPhone解禁

楽天モバイルがiPhoneを正式サポートしたというニュースが出たので試してみました。環境はiPhone12 iOS 14.5です。

祝!同タイミングで私の自宅も楽天の電波が届くようになってました!(4Gですが)

LTEの表示から4Gの表示に変わりました。
お、何か電波強くなってる!(これはiPhone正式対応というより自宅付近に楽天のアンテナができた模様)
手動設定じゃなくなった。そして5Gオートが使えるようになってる!
中々の速度ですね。
同条件でY!mobileだとこんな感じです。

これで、パートナーネットワーク5GBの制約を気にせずガンガン使える感じですね。素晴らしい。

Y!mobile + Rakuten Mobileで使う

現在は楽天モバイルは無料期間のため、いくら通信してもただです。お試しと言うことで今まで使っていたY!mobileはそのままにGalaxyA7付きで新規回線として引きました。

しばらくはGalaxyで遊んでいたのですが今はメインのiPhone12に楽天SIMを入れて(GalaxyにY!mobile SIMを入れて)使ってます。Y!mobile側は電話転送を掛けて、SMSは時々見る程度。正直楽天にMNPすればいいだけな気はしてますが、MNPし直すのも面倒だし、家の回線もソフトバンク光でおうち割かかってるし、嫁の携帯もY!mobileだし。。。

えげつなくやれば、こういう方法もあるようですが(笑)

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/column/stapaapple/1311003.html

とりあえずY!mobileはシンプルS契約で残して楽天モバイルはeSIMに替えてデュアルSIMで使ってようかなと。6月までは楽天モバイルは無償期間ですが、その後も1GBまでは無料なので、電話かける時だけ使うという手もあるなぁ。悪いことを考えたりしてます。まぁ、Y!mobileのシンプルSでは在宅ワークが終わったら全然足りないので結局、楽天モバイルだけ残すことになると思いますが。

とりあえずできました。楽天側は以下のURLの記事の通り、eSIM発行して、副回線として登録。音声通話とデータでVoLTEをONに。モバイルデータ通信のモバイルデータ通信とインターネット共有のAPNをkakuten.jpに。これだけで普通に使えました。

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2010/28/news092.html

Y!mobile側は、一度、設定を抜いてしまったのでSIMを挿してもSoftbank 3Gとなってしまい繋がりませんでした。nanoSIMさしてから設定プロファイルをもってきてインストールしたら使えました。

https://www.ymobile.jp/yservice/howto/simfree_iphone/apn/

Y!mobile SIMを単独で使っているときはYmobileと表示されるのですが、何故か、Softbankで表示されてますが、使った感じ問題はなかったです。

iphone12をRakuten mobileで使う

いままでiPhone 6s Plusで頑張て来たのですが5Gに対応したiPhoneが出たという事でiPhone 12に乗り換えてみました。iPhone 6s PlusはSoftbank購入でY!mobile回線に乗り換えています。そのSIMをそのままiPhone12に挿して使えることは確認済みです。が、せっかくなのでしばらくiPhone12をRakuten Mobileで使ってみたいと思います。

SIMを挿しただけでは使えませんでした。また、iPhone用に出ているAPNプロファイルも違うようです。。。(なら置かないで欲しいと思いつつ。。。)

https://network.mobile.rakuten.co.jp/guide/setting/ios/

に書いてある方法で使えました。また、Rakuten Linkアプリをインストールすると、普通にRakuten Linkアプリで着信します。

iPhoneの電話から発呼すると、国際電話のような長いつるるるるの音がして電話は繋がるのですが、お金を取られそうで怖いのでRakuten Linkで電話することにします(笑) MyRakuten Mobileアプリは無いのでWEB版を使います。パートナー回線かRakuten回線かを見ることができないのが唯一残念ですが、まぁ困りはしません。

(できないことはないようですが、面倒)https://www.infraeye.com/2020/06/06/it0294/

元のY!mobileのSIMはRakuten mobile契約時に買ったGalaxy A7に挿します。以下のBLOGではそのままでは使えないと書いてありましたが、私のA7(一度ファームを上げてAndroid10 2020/7/1版になってます)では問題なく使えました。

https://www.portrator.work/entry/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%ABsim%E3%82%92galaxy-a7%E3%81%A7%E4%BD%BF%E3%81%86%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%80%80%E6%A5%BD%E5%A4%A9%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%ABid%E3%82%82

ただ、1っ点問題が。電話転送をしておこうと思ったのですが、A7にはどうやっても電話転送設定が出ず。。。結局元のiPhone 6s Plusに再度Y!mobile SIMを挿して転送設定をしました。。。その後、A7にSIMを挿して使っていても転送はかかったままになっていました。まぁ、戻すときは、iPhoneでもう一度戻せばいいか。。。

唯一残った問題はSMSの転送ですが、これは方法がないでの、まぁA7を時々見ることにします。私はiMessageには電話番号を使ってないのでそんなに害はないです。

p.s.

ちなみに、Rakuten Mobileの5GはiPhone12では使えないらしいです。なんだかね。

2021/1/9追記

やっぱり、iPhone標準の電話で電話を掛けるとしっかり課金されます。気をつけましょう(笑)

それにしてもiPhoneのRakuten Linkで通話すると何でこんなに音質悪いんだ?最近通信品質(パートナーエリア)も落ちてる気がする。。。

それと、iPhone用のMyRakuten Mobileアプリ出ました。が、楽天回線を使っているか知る機能は実装されてませんでした。残念。

iPhone 6s Plus with iOS12

iOS 11にして以来発生していた Bluetoothヘッドフォンへの接続切れが直った!
全体的に軽くなったし。
iOS12素晴らしい!
というかiOS11がクソ。。。
p.s. 2018/10/6
iOS12一つだけ、問題ありました。
インターネット共有掛けると、解除してもクライアントが繋がったままになってしまいます。私は機内モードにして強制切断して対処してます。

iTunes 12.9.0.167 (Windows App版)に上げたらBakupパスが変わった

iTunesでiPhoneのバックアップを取るとCドライブに数十GBを消費してしまうのでSSDにしている私には厳しく、シンボリックリンを使ってHDDのDドライブに逃がしていたのですが。
iTunesがバージョンアップせよと言ってきたので何気なく上げようとしたら、Windows App版を使えと言うので何気なくWindows版を使ったらバックアップが見えなくなりました(^^;
場所が変わったようです。たぶん、普通にCドライブのまま使っていれば移動してくれるんだと思うのですが、シンボリックリンクだと移動してくれず。
探してみたら、C:\Users\ユーザー名\Apple\MobileSync\Backup に移ってました。
というわけで再度シンボリックリンクを実施して見えるようになりましたとさ。

c:\>mklink /d "c:\Users\ユーザー名\Apple\MobileSync\Backup" "d:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup"
c:\Users\ユーザー名\Apple\MobileSync\Backup <<===>> d:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup のシンボリック リンクが作成されました

 

iPhone 6s PlusをiOS11に上げるとBluetoothが不安定になる問題

iPhone 6s PlusをiOS 11に上げて既に1年以上が経っているかと思うが。。。iOS11に上げるとBluetoothヘッドフォンがプチプチ切れる(おそらくヘッドフォンだけでなくBluetooth接続全体が不安定になっていると思われる)現象が出ていて、そのうちアップデートで直るだろうと高を括っていたが11.4.1になっても一向に治る気配がないので調べ始めた。
参考) iOS 11でBluetooth不具合を解消するには
なるほど。私のデバイスで出ている現象は繋がらなくなるとかではなく繋がっていたコネクションが切断されるである。接続し直せば繋がるのだが数分に1回切れる時がある(結構ばらつきがある。負荷状態で変わる?)のでかなりイライラする。
やってみよう。方法1、2までは気軽にできるのだが、3を実施するまで半年くらい躊躇った(笑)方法3を実行すると少なくともWiFi設定、指紋、通知、壁紙、MMSアドレス、追加証明書の承認設定、キーボードカスタマイズ、GPS利用ポリシー、視覚効果、etc。。。が初期化される。

  • 方法1、BluetoothをオフにしてからiOSデバイスを再起動する→変化なし。
  • 方法2、デバイスの接続を修復する→変化なし。
  • 方法3、お使いのiPhone/iPad/iPod touchで全ての設定をリセットする→お、直った!と思ったら1時間くらいして切れた。切れる回数は劇的に減ったが完全ではないようだ。。。
  • 方法4、iOSデバイスのネットワークをリセットする→方法3の状況以上には改善なし。

とまぁ、完全に直りはしなかったが、我慢できる範囲には改善した。そろそろiPhone6s系もさよならかな。。。
p.s.
リセットの弊害。自宅のIMAPサーバはインチキ証明書(自己承認)を使っていたのだが、リセットを機に警告が出るようになってメールが読めなくなった。以前は「受け入れる」という選択肢が表示されたのだが、今は無くなってしまったようで。。。さてどうしたものか。実は証明書は買ってあるので、ちゃんと設定するか。。。

AWS rootアカウントのMFA有効化

AWS rootアカウントはMFAの利用が推奨されています。個人利用ではハードトークンを入手するのはちょっともったいない気もするので(貧乏性…)、スマートフォンでのソフトウェアトークンを使うことにしました。
AWS で使える仮想MFA
iPhoneだと google Authenticator と Authy が利用可能だが、Authyをお勧めします。google Authenticatorは機種変の時に情報を引き継ぐ方法がないので再登録が必要になります。既に元のiPhoneがない状態だと最悪です。。。
その点、Authyはバックアップ機能があり、電話番号と導入時に付けたBackupパスワードを覚えていれば、復元できるそうです。
なお、MFAとしてSMSも使えると書いてありますが、現在はプレビュープログラムにのみ適用できるそうです。。。
プレビュー – SMS テキストメッセージ MFA デバイスの有効化